スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



厚かましくメールしまして、申し訳ありません。今日集金人が訪ねてきまして、もーどうしたらよいのかわからなくなり、メールさせていただきました。長文になります。このアパートに越してきまして3年目になります。たまにNHKより支払い書が送られて来ていましたが、NHKは見てないしーと思いながら、無視していました。そうしたら、今日集金人よりテレビを設置している家は、無条件で支払い義務があるとのことをいわれました。それに引っ越した際に、私の母(別居)が契約を結んでおり、1回分の支払いを頂いているというのです。代理人が勝手に契約したのを私が払うのですか?と聞いたら、血縁者?だったら有効なのだそうです。そんな話初めて聞いたので(私は契約してません)母に確認させてください。といって、今日のところは帰ってもらいましたがまた2、3日後に伺いますとのこと。すぐに母に確認したら、払った覚えはあるけど契約書を書いた覚えはないそうです。しかも、支払いも
私が払ってないので代わりに払って下さいとちょっと強引だから支払ったというのです。なので、契約書を見せてもらって母の字かどうか確認したら?と言われましたが、そこままでしてもし、母の記憶違いで契約書が本物だったら、これまでの延滞金は全額払わなければいけませんよね。しかし、恥ずかしい話、実は私バツイチで母子家庭なので、正直そんな余裕ないしこれからも家計から捻出できそうにありません。法律上の支払い義務らしいので、最悪少しの間くらいテレビ見れなくても…とまで思うよーになりました。延滞金のことを考えると今日は寝れそーにありません。もー本当にどうにもしようがないのでしょうか。どうかご指導いただけないでしょうか。宜しくお願い致したくメール申し上げます。

[返信]管理人
類似の受信料裁判において、夫婦での妻の代理署名は有効だとする判決があるようです。
http://www.tsukuru.co.jp/nhk_blog/
集金人も知ってか知らずかその事を言っているのかもしれません。
仮に、お母様が契約しているのであればお母様に支払い義務があるかもしれませんので、もし生計を共にしているのであれば結果的に資産の流出はあると思います。
もし生計を共にしていないのであれば、他の世帯の契約をお母様が勝手にしてしまったということになってしまうと思います。 集金人側としてはその辺の事情は分からないと思います。
この先支払いを望まないのでれば、正式に解約の手続きをして、この先支払わないのがよいと思います。
滞納分については、支払いに応じるか、代理署名者が世帯員ではないので無効として、民事で争うかの2択だと思います。
このまま放置という選択肢は考えないほうがよいと思います。
受信料の時効は5年とする判決もあるようですので、最大で5年分の滞納を支払えばよいと決心できれば、放置し、将来あるか無いか分からない民事裁判を待って、仮に負けたとして、最大で5年分支払って終わりにするという決着方法もあるかもしれません。 仮にNHKから訴えられなければ1円も支払うことなく一生を終えることもできるかもしれません。
ただ、その場合、とても膨大な滞納金の請求になっていると思いますし、契約した行為の責任放棄といえるかもしれません。 NHK受信契約は民事ゆえにいろんなとらえ方があると思います。 


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。