スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



以前は主人もサラリーマンで
きちんとした収入もあり
年金、保険、NHK 受信料も
銀行引き落としで払っていました。
しかし転職がうまくいかず
現在の自営業になるまでの十年近く
払えないと断り続けてきました。
月の収入が2万円の時も
NHK はやって来て
毎日のコーヒー代一杯分ですよ、と
健康食品並みのセールストークで支払いを再開するよう迫ってきました。
先日、ついに主人が支払いを再開してしまい、
今までの
未払い分十数万も今後払ってもらうよう書いてありました。
貯金も無く収入も殆ど生活費に消えていく程度しかないのに新たにローンを組んでしまったような気がして愕然としています。
今後は払っていくにしても
今までの未払い分も払わなければいけないのでしょうか。
主人にも呆れましたが
本当に困っています。

[返信]管理人
最近の受信料裁判においてNHK受信料の時効は5年とする判決があったようです。
ですので最大で5年間の滞納分でよい可能性があります。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/03/kiji/K20120203002564370.html
基本的に解約が完了するまでの滞納分については、無くならないと考えてよいと思います。
時効を使うにしてもご自身で主張する必要があるようです。


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。