スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

平成2年から平成16年まで銀行自動引き落としで料金支払っていたのですが、それ以来支払っていません。平成16年からの未納金強制執行すると脅されました。
契約した覚えがないので契約書を見せてほしいと言うと15年前の契約書などないと言われ、支払えの一点張りです。対処方法ありませんか?
よろしくお願い申し上げます。

[返信]管理人
今の状況はかなり不利なものだとおもいます。
類似の受信料裁判においてほぼ全てNHKが勝っているようです。
契約後に一方的に支払いを拒否するのはとてもリスクが高いと思います。
ただ、別の受信料裁判において、受信料の時効が5年なのでそれ以前の支払いは不要といった判決もあるようです。
契約書については、NHKは5年で廃棄しているようです。
支払い実績があれば契約の意志を示したとみなされるようです。ですから銀行引き落としの事実がありますので、契約を追認といいますか、了承していたとみなされる可能性は高いと思います。
逆に自ら消滅時効を援用してしまう方法もあるかもしれません。
時効は黙っていてもダメなので、「時効なので払いません」と伝えるわけです。
http://www.tsukuru.co.jp/nhk_blog/
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/68763
http://www.bengo4.com/intro/intro1_23.html


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。