スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

はじめまして。突然のメール失礼致します。
私は先日一人暮らしを始めたのですが、4月8日(日曜日)にNHKの勧誘に出てしまい、断りきれず契約してしまいました。
何とか解約したいと思うのですが、サイトを拝見した所、現在の放送受信規約第9条には解約にはNHKによる確認が必要とあり、どう対処すべきか悩んでいます。
地方の放送局に電話をかけ、解約の手続きのハガキを送ってもらい、それを記入し送り返すだけならいいのですが、確認が必要ということは集金人もしくは確認にきた職員を部屋に入れなければならないのでしょうか。できることなら部屋の中に人を入れずに事を済ませたいのですが…
もし、入れなければならないのであれば以下の手段で対応しようと考えています。
作戦1:テレビを隠す
幸い私のテレビは薄型なので、なんとかタンスや冷蔵庫の裏側に置いて隠す事ができそうです。
もしテレビをどうしたか尋ねられたら友人に譲ったとでも言おうかと考えています。この場合は友人にも口裏合わせてもらおうと思います。
作戦2:テレビからB-CASカードやテレビ線を抜いてしまう
線が断線していた、B-CASカードを破損したので廃棄したなどの理由をつけて番組を視聴できない状態にしておいたテレビを見てもらう方法です。
無茶もいいところですが、テレビを廃止したという条件は満たしていると思うのです。
解約はしたい、でもテレビを処分したくない。おまけに上記の作戦ではウソをついているのでそれがばれてしまったら全ておしまい。
どうか、良い手段や対抗策があればご教授願いたいと思います。何卒よろしくお願い致します。

[返信]管理人
解約の手続きで集金人に言う場合は自宅を確認させろと言う可能性はあると思いますが、放送局に電話した場合はそれは無いようです。 廃棄時のリサイクルの明細や譲渡時の相手先の情報を伝えればOKのようです。
友人に口裏合わせてもらっても、結果的に友人宅に集金人が行くことになるかもしれません。
それにウソはつかないか、もしくはできるだけ最小限にするべきだと思います。
B-CASカードはB-CAS社の所有権があるようですので廃棄はできないようです。 
http://www.b-cas.co.jp/www/faq/card.html#card8
返却してしまえば解約の理由になるかもしれません。
NHKはアナログテレビだけしか無い場合は解約を受け付ける案内をしているようです。
アナログテレビなので地デジが見れない・・・という方々は解約ができるようです。
アナログテレビなんてタダみたいなものですからね。いまどき。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/digital.html
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。