スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nhk






当方、もう15年以上前だと思うのですが、マンションに住み始めてしばらくした時にNHKの集金人が来て契約をさせられました。しかし、契約書を書いたのは妻で、仕事から帰ってきてその事を聞きました。その時は仕方が無いなと思う程度だったのですが、後から衛星放送の契約までしている事を知って妻に問いだだしました。と言うのもマンションは共同で衛星放送も受信出来るのですが、内のは古いテレビで衛星放送は受信出来ませんでした。妻は言われるがままに訳もわからずサインしたらしく、私は直ぐに口座自動引落を止めました。その後電話で催促があった時に事情を話しましたが何の対応もなく放ったらかしです。何度目かの電話の時に、そもそも妻が私の名前で書いた契約書なんて無効でしょ?とも言いました。しかし、相変わらずの対応で、それからはこちらも一切無視しています。今では忘れた頃に年に数回たまりにたまった請求書が来るだけで、こちらも無視しています。今のままで良いのでしょうか?或いは何かアクションを起こした方が良いのですかね?

返信:管理人
NHKでは契約時の状況まで記録されていないと思いますので、残る記録は衛星契約者で不払いということだけだと思います。
類似の民事裁判で妻の代理署名は有効とする最高裁の判決があるようです。
http://www.tsukuru.co.jp/nhk_blog/
もし先手を打つので有れば、消滅時効を援用し、解約の手続きをしてしまうのがよいかもしれません。
NHK受信料の時効は5年とする判決があるようですので、滞納分は最大で5年でよい可能性があるようです。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/03/kiji/K20120203002564370.html





スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。