スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK


サイト拝見しました。
御意見を聞きたくてお願いいたします。
7年ほど前に。家庭の事情で、私の実家に半同居する状態になりました。
その年末に粗大ごみでテレビは廃棄し、振込用紙に記載のあったNHKの地域のお問い合わせセンターに連絡し解約を伝えました。
解約は伝えたので処理されていると思っていました。
その後、振込用紙のみ送付され続け、7年間に委託者(集金人?)に3回ほど、自宅に戻った時に「解約は連絡している」旨を伝えました。
しかし、廃止届の送付の必要性などの説明は一切なく、 テレビがもうない・・・と伝えるとただ帰って行かれるだけで。
その後、受信料は支払っていません。請求金額は約10万円になりました。
しかし受信料の事が気になり、ふれあいセンター0120-151515に連絡すると、地域の営業に回しますということで
自分の携帯の番号を教え、 後日、担当から連絡がありました
内容は、7年前の解約受付の記録がないとか、テレビを廃棄したのなら解約用紙に添付が必要な為に、
廃棄の時の領収書が必要なのでとか・・・とか言われました。
テレビ電話の携帯や車のカーナビやパソコンの所持も対象になるのですか?。
「こちらから、廃止届を配達記録で送ります」と担当者にいうと、そのようにされる方はいますが、
当局の指定の用紙しか受け付けしません。  解約するには、自宅に上がってテレビがない事を確認しないとできませんと・・・
今まで自宅で3回ほどあった委託者(集金人)は、解約手続きの説明は一切せずに、
しかし、3回ほどの集金人からは何月何日訪問日した記録や、テレビがないなどのこちらの意見の記録はあるようで・・・。理不尽な事を伝え、後日、相談してから連絡しますと伝えました。
廃棄の際は粗大ゴミ回収は無料でしたので、領収書はありません。
自宅に上がらないと解約手続きができない。廃止届もこちらで作成した届出用紙なら受付しないなんて、どうすればよいですかこんなおかしい解約受付なんて本当にあるのでしょうか

返信:管理人
NHKはこういう組織です。 世間ではありえないようなことを平気でやります。
なかなか解約できないようなシステムになっています。 悪意を感じます。
コールセンターなどは電話しないほうがよいと思います。何も解決できないと思います。
電話するならば最寄りのNHK放送局がよいと思います。
カーナビや携帯もNHKが視聴できれば契約の対象になってしまいます。
集金人はとくに解約手続きなどにはやる気ないと思います。
現在ではテレビは粗大ゴミには出せませんが、当時は可能だったと思います。
過去のゴタゴタを払拭する意味で、もし可能で有ればあえて自宅をかくにんさせてスッキリ解約してしまうのも1つの方法だと思います。 本来であればこんなこと必要有りませんが、解約を最優先させるのであればその方法も有効な手段だと思います。 そして、二度とこのような組織と関わらないようにすればよいと思います。 自己防衛するしかないと思います。
滞納分については交渉次第だと思いますが、消える可能性はかなり薄いと思います。
消滅時効という制度がありますので、最大で5年でよい可能性もありますが、最終的には民事裁判を経てということになると思いますので、ある程度のモチベーションは必要になるかもしれません




スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。