スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK


たいへん参考になるHPありがとうございます。
今ネット等で、受信料不払い、BーCAS問題、報道姿勢など議論されてます。
だんだん私も、NHKの契約を解約をしたいと思い、
解約の前段階として銀行のNHKの受信料自動引き落としの停止を銀行に申し出たところ、
「停止する用紙が今、現在無いのでNHKのコールセンターへ電話してください。」と言われました。
私が、「口座の自動引き落とし停止に、NHKの承諾が必要が無いだろ!」と言ったら、
「停止をする用紙が何時、手に入るかわからない」とかで、話をうやむやにして停止させてくれません。
銀行と波、風を立たせたくないので、とりあえずグッと堪えて分かりました。と言ってから数日が経ちます。
(過去に引き落としを停止した事もあるし、もちろん銀行口座を解約すれば済むことです。)
この話は、裏を返せば銀行とNHKがグルってことですか?それともローカルな話?でしょうか。

返信:管理人
NHKと銀行がグルということは考えにくいと思います。 
銀行もそれで手数料を得ているわけですが、ウソ言ってまで停止させないというのは無いと思います。
「じゃぁ口座解約して新しく作ります」とか言ってやればもっと真剣に対応するかもしれませんね。
でも口座凍結はあまりおすすめしません。 問題解決にならないし問題がこじれるばかりだと思います。
口座凍結の場合、NHKは支払い方法を変更するだけで契約は残ると思います。
つまり、口座振替という支払い方法から、継続振込という振込用紙による支払いに変わるだけだと思います。
いわゆる未収という扱いになって、いざ解約しようとした場合になかなか解約を受け付けないかもしれません。
一時的な資産の流出を防ぐという意味では有効だと思いますが、トータル的にはマイナスの要素が多いかもしれません。


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。