スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

【 ニックネーム 】:「やまばと」さん
【 年 代 】:40~49歳
【 放送法32条と受信規約をご理解されてますか? 】:どちらも知らない。
【 受信方法は? 】:アナログ地デジ
ワンセグ (携帯やカーナビなど)
【 受信契約の状態は? 】:契約中
【 支払い状況は? 】:支払いしてない
【 NHKを視聴できますか? 】:NHKを視聴できるテレビ等がある
【 ご意見、ご質問内容1 】:
はじめまして。今月5日に 営業の人が来て 書類にサインを頂きにきました。こちらはテレビはありますか?からはじまり あると答えると そしたら衛星受信料になりますので こちらにサインをお願いします。あと印鑑もお願いしますと…客人がいますのでというと すぐ終わりますから キャッシュカードをお願いしますといい かなり強引で こちらの話など聞く耳もたずで 最後は 寒いのでというと 2ケ月分が2月に引き落としになりますので ポストに入れておきますといい 戸を閉めました。夕方見ると 4850円+4850円合算23年12月契約 2月引き落としと書いてありました。あきらかに 戸をしめた後に書いたものです。翌日電話をすると テレビがあれば 契約しなければなりませんので と言われ 明日話の説明ができる人に来てもらえるように 話しました。このまま 契約では 納得いかないのですが あきらめるしかないのでしょうか?教えてください。

[返信]管理人
まず、よく分からないものに対してすぐに契約や支払いなどはしないほうがよいと思います。
今回の訪問者がNHK関係者とは限らないことは認識しておくべきだと思います。
おそらく地域スタッフといわれているNHKの集金人だと思いますが、簡単にカードや個人情報を与えすぎではないでしょうか。
納得がいかないというのは、金額の事でしょうか、それとも勧誘方法のことでしょうか。
金額について納得がいかないということであれば、金額が分からない状態で契約を結んだということですので、それについては確認してから契約してもよかったかなと思います。 勧誘方法についてであれば、消費者契約法という消費者をまもる法律があります。 これに反すると契約は取り消す事ができるようになっています。
こんかいの場合はそれに該当するように思います。
NHKを視聴できる環境があり、かつ契約済みであれば、何かの手続きをしないかぎり支払い義務はあると考えてよいと思います。
あきらめる必要もないと思います。
そのためには、少なくとも放送法64条と、放送受信規約をお読みになり、理解を深める必要があると思います。
規約には解約方法が規定されていますので、それに従って手続きをすれば解約ができると思います。
どの程度モチベーションがあるか分かりませんが何もしないと「あきらめる」しかないかもしれません。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/compliant_1.html
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。