スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結論から、「生活困窮世帯で年俸が130万円の世帯に受信料を払えと言うの」と拒否すると「役所で免税書類をもらえば受信料免税処置ができる」
と言われました。「なんでNHKの受信料を拒否するのに役所から免税書類をもらわないといけないのか。ダブルワークで必死に働いているのに
そんな時間はない」と拒否。電波を停めてくれと言いました。「あなたたちの取立てはサラ金より悪質、昨日も来たのに今日は違う人が来る、
入れ替わり立ち代り悪質」(事実昨日、今日と2日連続です)「払う金があれば払うが生活に必死です。新聞もやめました。新聞は停められるのに
なぜNHKは停められない、電波停めて、じゃなければNHKの受信には受信料金を払っている人だけに映るようにID登録をして、その人だけ
見れるようにしてください」と帰っていただきました。
NHKの帯域だけをカットできるフィルターをNHKに販売させる方法は手段としてできないのでしょうか。すでに個人的にやっている人がいれば
教えていただきたいのですが。

[返信]管理人
地デジ化されて、B-CASカードにより、技術的には視聴希望世帯のみを視聴可能にできると思います。
でもNHKはそれをしないと思います。 その理由は受信料収入が減るからだと思います。
建前上では公平負担とか言っていますが、そういう理由からフィルター販売などはあり得ないと思います。
仮に、フィルターが有って購入したとしても、NHKは受信料を払えというと思います。 そういう組織です。
まだ未契約であれば契約しないという方法もあると思います。
もし契約中であれば、解約するか、受信料免除基準に適合するか確認してみましょう。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/exemption_1.html
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。