スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

初めまして。今とても困っていて早急に対処したいので、
お忙しいところお手数ですが、ご回答よろしくお願い致します。
引越しでバタバタして疲れているときに契約をしてしまいました( 20時頃)。
ただし、7月からしか住まないので今月分(6月)は免除するとされています。
ここで、考えてみたのですが、
「昨日(6/18)の契約書類の控えを見てみると不備が見つかったのと、
ついでに振替の口座を変更したいので、一旦返却して欲しい」
といって契約書を返してもらうことです。
その後、新しい契約書を出さずに放置しようと思っています。
これで契約は成立しないし、未契約者の立場で
訪問を無視するかNHK関係者訪問等拒否通知書を使って訪問自体を
なくすかの手段を考えています。
何か不利になることはありますか?

[返信]管理人
おそらく集金人は契約書を返さないと思います。
仮に不備があった場合はその場で処理しようとすると思います。
でもやってみる価値はあると思います。 それでダメなら解約の手続きをするのがよいと思います。
拒否通知書はNHKと一戦交える宣戦布告のようなものですので、戦うモチベーションは必要になると思います。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。