スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



a.. ニックネーム 「釜爺」さん
a.. 年 代  50歳代
a.. 放送法32条と受信規約をご理解されてますか?
 どちらも知らない。
a.. 受信方法は?
  その他 ケーブルTV
a.. 受信契約の状態は?
契約状態が不明
a.. 支払い状況は?
支払いしてない
NHKから支払督促が届いた
a.. NHKを視聴できますか?
NHKを視聴できるテレビ等がある
お世話になります。
NHK受信料で相談させて頂きます。
現在の家に越してきてから、ケーブルTVに契約しました。
その後、受信料の自動引き落としを解約
以後請求書が着ますが、ずっと無視してきました。
平成15年6月から24年1月まで約25万程の請求が
配達証明付きで 対策センター より送られてきました。
しかも契約の覚えの無い、衛星契約になっています。
自分なりに、色々調べましたが
NHKの放送法が平成23年6月30日に新しく施工されました。
これ以前なら、ケーブルTVはNHKの放送法に触れないので
支払いの義務は無いのでしょうか。
それと、時効の援用などあるようですが。
今後の流れがどうなるのか、近いうちに訴訟となるのか心配です。
NHKの無線電波法に、ケーブルTVは当てはまらない
時効の援用、など自分の主張を、書面にして
どう表せばよいのか、どのタイミングで出せばいいのか
私には、まったくわかりません。
其れなりの書式、文言があるのでしょうか。
サンプルの様なものがあれば、大変助かります。
恐縮ではございますが、ご指導お願いします。

[返信]管理人
受信料特別対策センターは民事手続きなどをやる部署だと推測されます。
ですので、近い将来そのリスクはあるかもしれません。
消滅時効が使えた事例は見たことがありませんが、制度上は使えると思います。
やってみる価値はあると思います。
放送法が新しくなり、ケーブルテレビも契約の対象になってしまいました。
ですので、その主張は効果的ではないと思います。
消滅時効のやり方などは、googleで検索すると容易に情報が得られると思います。

スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。