スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



2年ほど前にNHKの受信契約をした件でご相談させてください。
当時、契約してからすぐに慌ててネットで調べて
未成年ということを理由に受信契約取り消し通知を送ったのですが、
(今思えば考えも調べも浅はかだったと思います…)
その後NHKから電話で「取り消しは認められない」と伝えられました。
それから一切受信料を払わないまま放置してしまい、現在では成人しています。
そして、先日の受信料不払いに対する強制執行のニュースを見て、
恥ずかしながら今更不安になりました。
しっかり解約しようと思ったのですが、既に契約取り消し通知を送っている場合、
自ら契約を認めるようなものですよね…?
その上これまでの滞納分も考えると、電話で解約を伝えても用紙が貰えるとは思えません。
今後どうすればいいのか、お手数ですがアドバイスいただけると助かります。

[返信]管理人
内容証明とかで送らない限り、当時の通知はNHKにはもう残っていないと思います。
つまりもうそれを証明する方法がないかもしれません。
仮に裁判でそれを争ったとしても相当不利な状況だと思います。
受信規約9条に従って解約の手続きをするのがよいと思います。
解約が完了するには、滞納分の支払とテレビを廃止したことの証明を要求されると思います。
いきなり廃止届は入手できないと思います。

スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
41位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。