スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK


お世話になります。
昨日、大学生の娘の契約解除のことでお邪魔したものです。
早々にアドバイスいただきありがとうございました。
しつこいようですが、更にご相談いたします。
貴殿にメールした後、娘からNHKから契約の解約届なる書類が届いたと連絡がありました。
ご丁寧に返信用封筒までつけて!
前回のメールに書いたように、担当女性職員が解約の手続きをすると約束し、
何らかの書類の提出は必要ないと言われたのですが、
この届いた書類は無視して(破棄)良いのでしょうか。
それから、「一応引き落とし前日に解約になっているか確認した方がいい」とアドバイスいただきましたが、
また氏名を告げて電話をすることで、かえってNHKとの非契約者だとターゲット?にされることにならないでしょうか。
(もし提出した方が良い場合)
内容を聞いたら、解約する理由を記入する箇所があるということですが、
最初から受信機を持たないのに契約させられたのだから、
「受信機器が無いのに脅迫的に契約させられた」とそのまま記入していいのでしょうか 。
貴殿がおっしゃる様に、娘の銀行口座は念のためいったん解約し新しい口座を作ろうと思います。
娘にもこちらが必要ない来訪者に相手(見ず知らずの人間)することのないよう、またサインしたり簡単に押印しないよう厳しく言いました。
よろしくお願いいたします。

[返信]管理人
今回の場合、一旦契約したものを「取り消す」か「解約」か、の2択になって、それぞれ手続が異なると思います。
取り消しの場合は契約は最初から無かったという手続ですので、一方的に文書を送りつけるだけでよいと思います。
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/s_faq/kiso/k_miseinen.html
例えば未成年であれば東京都のサイトに案内があります。
この場合、最初から契約が無いことになるので支払も全く不要だと思います。
解約の場合は、一旦契約者になった上で、放送受信規約第9条に従って解約の手続きをとることになると思います。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/compliant_4.html
この場合、契約期間の支払は必要になるかもしれません。
NHKが今回送ってきた書類は解約の手続きの書類です。
NHKは解約を受け付ける場合、担当者によって対応が異なるようです。
よくある相談事例として、電話で例えば「廃止届送ります」とか「...します」といったことは放置されることもあるようです。
集金人などは過去の滞納分は払わなくていいから支払を再開してくれ、みたいなことを言って支払ったら後日ちゃっかりドカンと請求が来たとかいろいろあるようです。
今回も解約の手続きの「受付」をしただけだと思います。
通常は、受付→廃止届提出→テレビの有無確認、という作業があると思います。
解約の手続きをする場合はおくられてきた書類は出しておいたほうがよいと思います。
電話で言ったことなんて何も残っていないしNHKの正式な手順でもないからです。
まず契約を取り消すのか、解約するのかを決めて、それから手続をしたほうがよいと思います。
NHKは取り消しは応じない可能性が高いですので、その場合、一戦交える覚悟は必要かもしれません。
解約の場合はその書類で終わると思いますが、いくらかの支払は生じるかもしれません。 生じないかもしれません。 それは交渉次第だと思います。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。