スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK


10月4日に、初めてメールをさせていただきますという文で始まる相談をさせていただいたものです。その後の事でアドバイスをいただきたく、メールさせていただきました。
その後、放送局に再度不正契約だったので無効にしてほしいと伝えたところ、
訪問員の方が来られて、色々ありましたが、後日、放送局から連絡があり、無効の処理をします。と言われました。
契約書の用紙を返してほしいと伝えるとそれは無理と言われましたが、訪問して、目の前で破ると言われました。破ってもらっても信じられませんので、何かかわりになるものをもらおうと思いますが、どういった物がいいでしょうか?
それが無理と言われた場合、どうしたらよいですか?こちらから、書類(内容証明など)を送ったりしたほうが良いでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

[返信]管理人
NHKは5年で契約書を廃棄しているようです。
このため、契約書はあまり重要ではないと思います。
個人情報は電子化されてサーバーに保存されていると思いますので、契約書が無くなっても登録はされている状態のままかもしれません。
NHKは解約が完了しても特に通知してこないと思います。 
目の前で破ってもらってその後は一切関わらないようにすればよいと思います。

スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。