スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



NHKの契約書の保管期間は5年と言われていますが、市役所で契約した場合(障害者割引き等)は何年保管されるのでしょうか?
現在も半額請求の書類が届いているので、NHKで契約書を破棄されている場合でも、契約無効にはなりませんか?

[返信]管理人
NHKは昭和初期にできた組織で約3000万世帯が契約者だといわれています。
契約書は5年で廃棄しているようですので、その多くは契約書が存在しないということになると思います。
NHKは契約書を重視していないようで、支払実績が有効な証拠だとしているようです。
現在は個人情報を電子化して保存しているようですので、過去の履歴は調べることができるようです。
また、一般的な消費契約も口頭でもよく、特に書面での記録は必要ないようです。
例えば八百屋さんで「だいこんください」「はい」で契約成立だそうです。 
こういった簡単な契約は書面はいらないと思いますが、複雑な契約の場合は双方が契約書をのこしておいたほうが得策なので記録するものだと思います。
ですので、契約書が無い=契約無効 とはならないと思います。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。