スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK




はじめまして。ニックネーム「のだけん」と申します。20代男です。
このホームページを色々と見て参考にしています。
私はTVをよく見ます。でもNHKは見ません。
NHKの受信料は義務だと思い何も考えずに契約しました。
しかしこれだと解約内容にならないこと、十分に理解できました。
ここから質問です。
ホームページに
1、受信機を廃止する。
2、放送局に届け出る。 (ウソはダメ)
3、NHKに事実確認をさせる。
とあったのですが、TVがあるのに(本当にない人もいると思いますけど)解約
すれば、2がウソになりませんか?
1のように廃止しても解約後に復活するんですよね?
解約確定までに廃止状態であればいいということですか?
よろしくお願いします。

[返信]管理人
例えば、TVがあって、廃止理由が「TV無いから」だとウソになると思います。
これだと新しくなった受信規約第9条によれば、虚偽が判明すれば解約時にさかのぼって契約が復活するようです。
http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/compliant_4.html
少なくとも解約手続き中は廃止の状態である必要があると思います。
その後TVを購入したり廃止をやめたりして使える状態にするのは個人の自由だと思います。
ただし、この場合、再度NHKと新規契約をするかどうか、検討する必要があると思います。
正式に解約が完了すればNHKとの関係は一旦切れます。 そのままTVなどを設置しないかぎり関係はきれたままです。
しかしその後TVなどを設置すれば放送法第64条に従う必要がでてくるというわけです。
解約日から次の新規契約までの空白の期間は支払い義務はないと思います。
ただ、廃止届に虚偽があって、それが判明した場合は、NHK側が一方的に契約を復活できちゃうというシステムのようです。




スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。