スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

初めまして。
教えていただけますでしょうか。
ワタクシ自身は平成7年頃まで受信料を支払っていましたが、周りに支払っていない友人が多いことを知り、集金人に「もう払うつもりはありませんので来ないでください」と伝え、支払いをやめました。
その後、2度引っ越し。その間、一度も支払ったことはありませんし、今では、集金人が訪れるのも、数年に1回程度です。
しかし、3年前に一人暮らしを始めた息子が、受信料を契約(地上契約)。
半年ほど前、息子はその一人暮らし先から実家に戻りましたが、当時の契約を解約しておらず、今でも講座引き落としで受信料を支払っています。もちろんテレビは実家に持ち帰り、視聴しています。
息子に支払いを続けさせるのも気が引け、この際、やむを得ず、親として改めて受信料契約(衛星契約)を結び、息子の分は解約しようかと考えています。
そこで質問なんですが、今からインターネットなどでワタクシ自身が新規の契約をしようとすると、強引に支払わなくなった平成7年以降の受信料をまとめて請求されてしまうでしょうか。
ご教授ください。よろしくお願いします。

「返信」管理人
NHKは個人情報を電子化してデータベースに保存されているようです。
電話すると担当者がすぐにアクセスできる体制になっています。
現在登録されている個人情報がどのようになっているか分かりませんのでなんともいえませんが、転居した情報はあまり追跡できないようです。
NHK受信料の時効は5年という判決があるようです。 平成7年ですので、時効を援用すれば滞納分は消滅する可能性もあると思います。 ですが、一旦支払いに応じると時効は中断されてその効力は無くなるようです。
もし契約をするのであれば、息子さんの契約をご自身に名義変更して支払うのがよいかもしれません。
手続きはネットでできるようです。
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/NameChangeTop.do
契約は1世帯で1つでよいと思いますのでそれで契約数は足りると思います。
いずれにしても過去の滞納分については時効の援用をしない限り「契約はどこかで生きてる」ということを念頭に置く必要があると思います。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。