スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

大変ためになるサイトの運営、感謝します。
【状況】
10月にいきなりNHKのかたがインターフォンをおし
「衛星放送の差額徴収に来ました」と訪問してきました。
「衛星放送は見れません」といったところ
「地デジ化に伴う放送法の改正で、共同アンテナなのでお支払いいただいている」という説明でした。
「『BS受信について』というNHKパンフレットサイズの白黒の紙を渡され、
「差し替えれば見れる、面倒でしたら分波器(1500円くらいで買えます)があれば見れるので、共同アンテナですので見ないと損ですよ」と推されました。
主人の了承を得ず差額徴収という書類(今見たら『協会放送受信することの出来る受信設備を設置していますので、下記手続きを行います』という書類で『法送受信契約書』の欄にチェックが入ってます。チェックは訪問スタッフが書きました)の氏名と住所と電話番号を書かされました。
「口座引き落としなのでこれで終了です。」と帰っていきました。
当方、実父がテレビ報道に携わっていたのでNHKは払ってやれといわれ、子どももいるので地上波は契約していたのですが、逃げ得…ではないですが(実際に映らないので)、衛星放送に関しては契約を拒めば支払わなくていいことを知り(つまり改正での徴収は虚偽であるということ)、
実父から契約の変更をNHKふれあいセンターと営業所のほうへ電話したのですが、「契約したら受信規約で解約には応じられない」のオウム返しで
私のほうからも電話し、ふれあいセンターでは「担当御所の者へ伝えてそちらからお返事の連絡をお客様にするということで良いでしょうか」といわれ、その日にかかってきた営業所のほう(正規社員さんということでした)からは「契約変更するには映らないというテレビの型番が入った保証書の提示をしてもらう」といわれ、BSの解約(契約変更)の書類はいただけませんでした。
分波器を買わないと見れないのに、買えばみれるという主張がまかり通るのはおかしいと思います。こうなると、テレビがない場合のテレビを買えば見れるといってるのと同じです!
そして、営業所が言うには「こちらとしては、きちんと説明して契約しているので衛星放送が見れるという了承を得て契約しています」とのこと。「共同アンテナなのでお支払いいただいてる」と「共同アンテナですので見ないと損ですよ」のことをさしているのなら詐欺でしかないと思うのです。
【質問】
1)滞納はしたことありません。地上波はこれからも一応払い続けるつもりです。なので解約ではなく契約変更をしたいです。
2)衛星放送は映りません。テレビ、ビデオのリモコンのBSボタンを押しても以下のようになっている。
だまされて結んだ契約で、このような状態の場合、成立するものなのでしょうか?
世帯主である主人の了承を得られない状態での契約も不本意です。
また、契約変更に際し、むこうから言われた書類等の提示はしないといけないのでしょうか?
契約変更が認められない場合、詐欺ということで通知書を送り契約の取り消しにすることは可能でしょうか?(2012-10-27の回答がありますので、解約を申し出たので契約を認めたことになっているのかな)
よろしくお願いいたします。

返信:管理人
NHK商法というヤクザ顔負けのヤツらです。
適当なことを言って契約させておいて解約させない。
視聴者のための放送局とは思えません。
解約の手続きをすると契約を認めたとみなされると思いますので取消の手続きはできないと思いますが解約の手続きは可能です。
解約をするには受信規約第9条に従う必要があると思います。
このまま地上契約でいくのは難しいかもしれません。
衛星契約で衛星料金を支払うか解約して一切支払わないか、BSチューナーが無いTVに変更するか、3択になると思います。
NHKに限らず契約や支払いはよく考えてからにしましょう。




スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。