スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nhk



こんにちは、NHKの契約についてお聞きしたいのですが、宜しくお願い致します。
先日2月28日にNHKの人が「契約してください」と来ました。
半年前にも別の人が来たのですが、その時は「契約内容に納得出来ませんのでお帰り下さい」と言いました。
今回も同じことを言いましたら「何処が納得できませんか?」と聞かれたので
「NHKを見るためにテレビを設置したのではないです」と言いました。
「HNKの電波を家に流さないようにしてください!」と言いましたら。
「電波をカット出来るのですがそれをすると・・・・」何とかかんとか・・(よく覚えていません・・)
すると最後の方でNHKの人が「パンフレットにも書いてますが今後、民事訴訟を拡大していく予定です」と・・・。
パンフレットに書いている内容は・・・
上記のような取り組みを重ね、受信料制度を理解していただくための働きをかけを尽くしてもなお、受信契約を締結していただけない事業所や世帯に対しては、民事訴訟を拡大して実施していきます。
また、受信契約は締結していただいているものの、お支払いが滞っている方に対しては
民事手続きによる支払い催促を全国で着実に実施しています。
と書いてあります。
この文章を読んで、私の感想は「脅しか?!」と思いました。
今後、契約をしないと訴えられると言う事なんでしょうか?
それと近所の人が言うには10年程前に
「契約していたけど判子を押せば払わなくて良いと聞いたから判子押してそれから払ってないよ」と言ってました。
文章で解約したのではないとも言ってました。(解約書は書いていない)
その人の家にはNHKの人は訪ねていきません。
長くなりましたが宜しくお願い致します。

返信:管理人
NHKの集金人は外部に委託された個人事業者が多いようです。
基本給は15万円ぐらいで他は契約取次で1件500円とかそいうシステムになっているようです。
NHKの民事裁判は不払い世帯約1000万に対して、数百とか数千件の裁判のようです。
裁判になる確率は1万分の1といった感じです。 宝くじなみだと思います。
集金人は脅し文句で裁判をちらつかせています。
集金人が裁判をするかどうか決める権限はないので恐れる必要はないと思います。
NHKは勝てる相手に対して裁判を実施していると思います。
ですので、むやみに「テレビがあるけど」とかわざわざ言う必要もないと思います。
集金人はナビタンとかいう端末を持ち歩いていて、それに受信料拒否の理由を打ち込んでいるようです。 ですので、たとえば「テレビがあるけど契約しない」というようなレッテルを貼られる可能性はあると思います。
受信契約をしないで支払いをしないのであれば今のところ判例はまだないので正当化されていると思いますが、今後NHKが未契約者に対する裁判でいずれかの判決が出たらそのときはそれに準じて対応を決めるというスタンスでもよいのかもしれません。
近所の方はたぶんNHK内部で「未収」という扱いになっていて、将来いきなり十年分の請求が届く可能性が高いと思います。 そういう事例は多くあるようです。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。