スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nhk



ホームページやブログを拝見させていただき、メール致しました。
当方、公団住宅に入居しております。
入居時に受信契約はしておらず、集金人も頻繁には来ていませんでしたが、⒉3年前にたまたま妻(育休中)に集金人の訪問で(強引に)受信料の一部を払ってしまいました。その後も集金人や支局からの職員が訪れ、口座振替や未納分の集金に訪れます。
このような場合は、時効発生まで結論を先延ばしにしていれば良いのか、テレビ廃止届を出して未納分の支払いをするのがいいのでしょうか?
お忙しい中のお願いになりますが、何卒御回答をお願い致します。

返信:管理人
時効を援用するのであれば、おそらく5年です。
解約をしていない場合は5年間の支払いは必要になると思います。
解約をした後に、滞納分の時効を援用し、さらに5年たてば支払いはゼロ円になるかもしれませんがこれは未確認情報です。 毎月の請求はそれぞれ別々の日付なので、それぞれ別の時効だと思います。 解約をしたあとは請求が来ないはずですので、解約後5年たてば5年以内の請求は無いので、すべて時効が成立するのかな・・・と考えています。 でも未確認です。
時効は何もしないと成立しないようで、自らが援用する必要があるみたいです。
時効の手続きをするとNHK側は臨戦態勢になると思います。


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。