スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nhk


はじめまして。xx県xx市に住む者です。
今年の3月xx日19時半頃、私が仕事で不在の間に家(マンション)にNHK集金人がやってきて、私の嫁が応対してしまったようで、テレビが存在することをうっかり喋ってしまったようです。
当然、集金人は「法律で決まっている」、「契約書にサインしてください」、「今期分だけでも先に現金で支払ってください」と言ってきたので、怖くなった嫁が携帯に助けを求めてきました。
私は、
「その場で契約書には絶対にサインするな」
「お金も絶対に支払うな」
「しゃあなしで記入用紙は受け取る代わりに、すぐに帰ってもらえ」
「それでも居座るようなら、警察を呼べ」
の4点を指示して電話を切りまして、家路を急ぎました。
10分後に私が家に帰った時には、集金人はすでにおらず、記入用紙はしっかり残していきました。
ここで質問なのですが、
嫁が応対したときに集金人に対して口頭で「ちゃんと記入して支払の手続きをするから帰ってくれ」と言ったようなのですが、この口頭でのやりとりが『契約した』という扱いになるのでしょうか。
『契約』扱いになっていないのであれば、そのまま無視しますが、また集金人が来るかと思うと面倒ですね。
<追伸>
近々、引っ越す予定です。
これを機に、業者さんに有料でテレビを引き取ってもらい、今後もテレビを視聴するつもりもありません。
『契約』をする必要性がないはずなのですが。
以上、ご意見をお願いいたします。

返信:管理人
一般的な契約は書面ではなくても成立するようです。
たとえば八百屋さんで「だいこんください」 「はい」で契約成立。
ですので、契約の意思を示したら契約が成立するとは思いますが、
「そのなのは知らん」と主張する自由もあると思います。
双方、それが嫌なのでわざわざ書面で記録を残すのだと思います。
契約とはそういうものだと思います。
とくにNHK受信契約は民事ですので、「知らん」といって相手が納得すればOKだと思います。契約の意思がなく今後引っ越してテレビも無いのであれば急いで手続き等する必要もないと思いますが放送法64条については一読しておいたほうがよいと思います。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。