スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「受信料お悩み解決」のHP、拝見いたしました。
一件ご意見をうかがいたく、メールいたします。
本日、NHKの集金人と名乗る者が自宅に来ました。「地域スタッフ」だと思いますが、特に名乗ることもせず、こちらが名刺を渡すように言うと、契約するなら渡す、との返答でした。
放送法64条に規定されているため受信料を払え、との答弁です。
再度名刺を渡すように言いましたが、渡さず、本当にNHKの人間か信用でないため、「お帰り下さい」と述べると何も言わず帰りました。
応答が大声であり、こちらが食事中であったこともありますが、「失礼しました」の一言もありません。
何よりも名乗らなかったことに不愉快な思いをしています。
現在、未契約の状態ですし、NHKの現状を見ていますと、今後も契約しようとは思いません。しかし、「地域スタッフ」は以後も自宅に来ると思います。
HPにございました「NHK関係者による自宅訪問等の拒否通知書」を郵送なりした方がいいのでしょうか。
それとも送付したことによって。さらに「地域スタッフ」が来ることになるのでしょうか。
ご意見をうかがいたく、御願いいたします。

[返信]管理人
NHK受信契約は民事ですので、職員や地域スタッフが話しかけてきても応じる義務はないと思います。
ましてや名刺や名乗らない怪しいヤツを相手にする義務は一切無いです。
NHKを騙った詐欺師もいるようですので注意したほうがよいでしょう。
また、例えば高額な商品を売りつける押し売りが来たとしましょう。 どうしますか?
そのときの対応と同じでよいと思います。 最初から無視するのが安全だと思います。
その訪問者が、確実にNHK関係者だと分かったとしても、会話する義務はないと思います。
何かの手続きであれば電話でもネットでもできますのでそちらでするのがよいと思います。
拒否通知書はNHKに対して宣戦布告の意味もあります。
いまのところそんなにしつこいわけでもないようですので、荒波立てるひつようもないかと思います。
地域スタッフは面倒な家には寄りつかないと思います。 すこしでも弱そうな家には行くと思います。
地域スタッフと会話しても良い場合は、少なくとも放送法や放送受信規約について理解を深めておくのが武器になると思います。 どんな理由であれ、支払いをしない世帯には集金人はくることになると思います。 それが毎日まのか、数年おきなのかは不明で、集金人との力関係が大きな要因だと思います。
相手が法律論でくるならこちらも理論武装するのもよいと思います。
村岡総合法律事務所無料相談
などの専門家の意見を聞くのも解決へのヒントがあるかもしれません。

スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。