スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

突然メールして申し訳ございません。


HPを拝見させて頂き、困っているのでお便りさせて頂きました。


現在は契約した場所とは別の所に居候させて頂いておりますが、住所は移しておりません。


まず成り行きから説明させて頂きます。


5・6年も前になるのですが、
私は母と二人暮らしでした。
私は自宅で自営業しておりました。そこへNHKの集金人という方が訪れてきて、受信料を払えと言ってきました。

はじめは母親が対応していたのですが、30分くらいたっても帰ってもらえなくて、私が代わりに帰ってもらえるようにお話をしておりました。
それからまた30分ほどたちましたが、一向に変える様子もなく、私も仕事が立て込んでおりましたので、はじめの分を払えばすぐに帰ると言うことで、払ってしまいました。その時、領収書を渡すというので、いらないと言いましたが、渡さないと帰らないと言われ、サインしたかもしれません。
説明も何も無かったことは覚えております。受け取った領収書はすぐに破棄してしまいました。


それから、督促が届くようになりました。
放っておけばいつかこなくなると思っておりました。


それから、私は知人の所へ住み込みで働くようになったのですが、近かったこともあり、住所はそのままにしてあり、郵便も現在はそちらに届くようになったままです。


契約日より3年位たった時に、おかしいと思い、NHKの方に内容証明通知でその時の事を書面にて送りました。(下記が送った内容です)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


先日自宅に帰った時に貴社からの請求書を確認しました。
しかし、私は貴社と契約を交わした記憶は全くありません。過去に集金人と名乗る男性(以下A)が来宅し、「受信料を支払って欲しい」という旨を告げられました。
私は仕事で忙しかったので、「帰ってほしい」と何度も伝えましたが、「支払ってもらわないと帰れない」と言われ、1時間ほどの問答がありました。私は仕事もありましたので、早くAに帰ってもらおうと1ヵ月分の受信料を支払いました。Aは「領収書にサインをお願いします」と言ってきたので、「領収書もいらないしサインする気は無い」と伝えましたが、「サインが無いと帰れない」との事でしたので仕方なくサインしました。しかし、実際は領収書ではなく契約書であったと今回の請求書にて分かりました。
契約は成立していないことをここに主張します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それから2年ほどたった現在でも何の説明・対処もなく、請求書が送られてくるので、困っております。


現在は、テレビは回収して回っている方に引き取って頂いたのですが、その時の証明書は貰ってありませんでした。
現在住まわせて頂いている所には、住人のテレビがあるのですが、契約はしていないみたいなので、現在いる場所に来られて、居候させて頂いている方にご迷惑もかけられません。


今後どのようにしたらよいか、アドバイスを頂けないかと思い、思い切ってメールさせて頂きました。


文才がないので、分かりにくいかと思いますが、
ご助力、アドバイスなど、よろしくお願いいたします。



返信:管理人
まず、領収書というのは受け取った人がサインするものだと思います。
払ったひとがサインすることは無いですよね。
これは集金人がよく使う手ですが、よくよく考えると妙なこと言っていることに気が付くと思います。
テレビがあって支払いを済ませた。 という客観的に判断されたら契約は有効であって支払うように言われる可能性があります。 
放置しても滞納金は増え続けると思います。
最初の選択肢として、NHKと戦う、戦わない、の2択があります。
戦う場合は、放置でよく、裁判になったら消滅時効を援用して過去5年分を支払って終わりにするか、
NHK受信料のスペシャリスト 立花氏に相談する。http://top.tachibanat.com/
戦わない場合は、滞納分を支払った上で解約の手続きをする。
私は「戦わない」を推奨します。




スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。