スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK

夜遅くにすみません。
昨日、NHKの受信料払込のお願いの紙を無視している&忘れていたが投函されていたので、これ以上経つとどうなってしまうのだろうか、どうすべきかと悩み、
必死になってネットで調べていると、貴方のサイトを見つけたので解約、もしく取り消しの方法について相談したいためメールを送らせて頂きました。
うろ覚えなのですが、当時18歳、大阪の専門学校に通うため親元を離れ一人暮らしをしていた休みの日、NHKの地方?役員の人が来て、NHK受信の契約について話をしてきました。
ですが、NHKのチャンネルではなかったものの、運悪くテレビをつけっぱで対応してしまったためテレビの存在を知られて、番組を視聴できる状態ならば契約しなければならないと言われ、契約し受信料を払ってしまいました。
契約時に20歳以上であることを聞かれず、契約をしてしまったことだけはうろ覚えながらも覚えています。
ただ、思わず口座引き落としの契約をしてしまう際、たまたま運良くキャッシュカードの番号を忘れていたため、請求取扱票での支払いになりました。
それ以降は受信料を払わずに放置したり、捨ててしまったり・・・と、そんな事が多くなり、たまたま開けた封筒に一万以上の額が書かれた請求書が届くこともありました・・・。
元々、自分を強調することや、相手に対してあまり強く当たれない自分にとってはそんな請求書が期限未定の死刑通告の紙をを受けたかの様に感じ、請求書の入った封筒を見るたび口の中が乾き、心臓が止まってしまいそうになります。
両親には負担や心配ばかりかけているためどうにも相談できず、親族ではない知人の人に聞けば・・・とNHK受信料について自分が通っている理髪店の人や年上の知人に聞くと、無視しておけばいいと言われましたが、それでも心配になり行動しました。
絶対にとは言いませんが、できることなら両親に心配をかけず一人で、電話で話をつけたいです。
無茶苦茶な要求かもしれませんが、どうかよろしくお願いします。
長文失礼いたしました。m(_ _)m

返信:管理人
こんにちは。
たしかに自分でまいた種は自分で・・っていう心意気は必要だと思います。
解約は今日にでもできると思いますが、完了するまでの期間は支払いが必要になると思います。
ですので滞納分を支払った上で解約をするのがベターだと思います。
それはイヤという場合の方法もあります。
これはNHKと1戦交える覚悟は必要になるかもしれません。
また、増え続ける請求に精神的に耐えられればよいのですが、例えば30万円というような金額になったときでも対応出来る精神力が必要になるかもしれません。
それと民事裁判の可能性です。
ということで滞納分を支払った上で解約をおすすめします。
スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。