スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK



ネットで調べていてここにたどり着きました。よろしくお願いします。
T在住のHと申します。
受信料契約についての不服が有り、どのようにしたら良いか考えています。
6年くらい前に世帯主の自分がいない時に集金人が来て、契約したのは妻でした。
妻は契約をしないと法律違反だとか多々言われて、私の了承も得ずサインしてしまったと言います。
それも私の口座から引き落としの契約をしてしまったのです。
私は妻が私の名前で契約したことを、一度目の引き落としがあり気が付いたのです。
私としては妻だからとはいえ世帯主は私であり、勝手に私の名前を使い署名したことは無効であると考えて、口座を切り徴収を拒否してしまいました。
その後何度か徴収人が来て支払い請求をしていますが、その際に契約者が私でサインは私がしていないから無効にしてくれと言っても話しにならず。
私としては契約は無効だと数回は話しをしてみましたが、こちらの意見は通らずにいろいろな徴収人が来てもその後は無視しています。延滞金10万は超えています。私の主張は間違っているのでしょうか?
世帯主契約という場で他人のサインの有効性はあるのでしょうか?
署名捺印の重視重要性に、契約をするという責任を徴収人は分かっているのか?
これは一種の振り込め詐欺と言っても過言では無いと思います。
契約を無効にして、私と契約をするならば受信料というものを払うか考えても良いかとも考えてはおります。
そろそろ決着をつけるほうが良いのかと思い、どうしてらようのかを相談させて頂ければ幸いです。
ちなみに余談ですが、
NHK職員&HNK局内に出入りする全員(入講証を発行した者)ですら受信料を払っていない人がいます。
身元がわかっているのに徴収しないなんておかしいですよね?受信料払っていない世帯は番組観覧も出来ないのに。
よろしくお願いします。

[返信]管理人
実は類似の案件で裁判の判決があります。
妻の代理署名は有効だとする最高裁の判決があるようです。
http://www.tsukuru.co.jp/nhk_blog/
ですので代理署名を理由に支払い拒否についてはあまり効果的ではないかもしれません。
戦法を変える必要があると思います。
参考までにNHK受信料の時効は5年とする判決があるようです。
5年以上まえの請求は支払いは不要になるかもしれません。
5年以内の請求については支払う必要があるかもしれません。
また、債務整理をする方法もあると思います。
以下のような法律専門家に相談してみるのもよいと思います。
司法書士法人リーガルハンズ


スポンサーサイト
NHK受信料お悩み解決
月別アーカイブ
プロフィール

jushinryo

Author:jushinryo

NHK受信料お悩み解決

検索フォーム
QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。